一般社団法人建築士協同プロジェクト 家づくりの流れについてです。

家づくりの流れProcess of house building

ご相談頂いてから見積り、契約、完成までの流れをご説明します

1
相談会・住まいるフェア・講座参加
  • 住まいのどこでも相談会や、各地域で開催のフェア・講座にご参加ください。直接建築士と接することができる場です。(日程・会場など詳細はコープハウジング東海のホームページをご覧ください)
  • ご都合が悪い場合はご自宅まで伺っての出張相談OK!
  • 土地相談や購入予定地への現地同行などご希望に応じて可能な限り対応。

お問い合わせメールフォームでご連絡ください

2
建築士との個別相談
  • 家についての考え方を話し合ったり、簡単なプランニングを行い、実績やデザイン性、個性、人柄などで契約する建築士を決める。
  • 複数の建築士と面談して選ぶことも可能。
  • この期間までは費用がかかりません。
3
設計・監理契約
  • 建築士が決まれば契約し、より具体的、詳細な設計に。
  • 契約前に重要事項の説明があり、設計業務の内容やおおよその期間など確認。

コープの仕組みにおいて設計監理料は下記のように定めています
● 新築・建て替えの場合 …… 本体工事金額の10%程度
(※長期優良住宅、コープスタイルは別途要)
● 増改築・耐震リフォームの場合 …… 12%

4
設計打ち合わせ
  • 家族の要望を伝え、間取りや設備、仕上がりなど決定、予算との関係も考慮しすすめます。
  • 建物の規模、間取り、予算を決める基本設計。施工業者が見積りをとることのできる、詳細がわかる実施設計を、6か月程度の期間で行います。
5
設計完了 見積り
  • 実施設計が完了し、建物の詳細な内容が決まれば、コープ提携施工業者による見積りを行います。

見積り対応
※ご希望がある場合には、複数の提携施工業者間による競争見積りも行います。
※設計監理業務のみの場合もご相談ください。

6
工事請負契約
  • 見積りが出て、確認や調整を行い、工事請負契約を締結します。
7
着工
  • 必要な申請業務が終了したら、工期を決め工程にしたがって工事を開始します。
8
工事中の建築士によるチェック(監理)
  • 建物の工事中の専門的な点検打合せ。
  • 建て主さんと現場の進行状況に合わせて、色や位置など最終確認をして工事を進行。
  • コープでの中間点検実施、構造部分が確認できる時点で建築士、施工業者及びコープハウジング東海の3者による共同点検。(その他、第3者機関の検査もあります)
9
完成・点検・引渡
  • 工事が完成したら、引渡し前に完了点検を実施、契約とおりにできたか確認。
  • コープの仕組みにある、アフターメンテナンスサービス基準に基づき対応します。また、完成後6ヶ月、1年、2年、5年を目安に建築士・施工業者・コープハウジング東海の3者で点検を実施します。